コンテンツにスキップする

米民主党議員が9行に召喚状、トランプ大統領の資金調達巡り-関係者

  • JPモルガンやシティ、モルガンS、BofAなどの米銀
  • ドイツ銀とカナダの2行にも文書提出を求めた

米下院の民主党議員らはトランプ大統領の資金調達およびロシアのマネーロンダリング(資金洗浄)への関与の可能性を巡り、大手銀行9行に文書提出を求めた。

  マクシーン・ウォーターズ議員が率いる下院金融委員会は、米銀JPモルガン・チェースシティグループモルガン・スタンレーバンク・オブ・アメリカ(BofA)、ウェルズ・ファーゴキャピタル・ワン・ファイナンシャルに加え、ドイツ銀行カナダロイヤル銀行トロント・ドミニオン銀行に召喚状を送った。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。

  アダム・シフ議員が率いる下院情報特別委員会も、金融委員会とともに文書を要請している。同情報委員会は2016年の米大統領選挙へのロシア関与の可能性を中心に調査しているが、ウォーターズ議員の調査はさらに広範で、銀行がロシア顧客による資金持ち出しを違法に手助けしたかどうかを調べていると、事情に詳しい関係者が述べた。

  ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレー、キャピタル・ワン、カナダロイヤル銀行、トロント・ドミニオン銀行の広報担当者はコメントを控えたか、これまでのところコメント要請に応答していない。ドイツ銀は議会の調査に協力する意向を明らかにしている。

  召喚状送付先の銀行の数と名称については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が17日先に報じていた。

原題:Democrats Said to Subpoena Nine Banks in Probe of Trump Finances(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE