コンテンツにスキップする

テスラの今年の納車見通し引き下げ、3月までの実績反映-ベアード

  • 19年の納車台数36万1000台と予想、テスラのガイダンス下限近く
  • 目標株価400ドルに下方修正、投資判断「アウトパフォーム」維持

米電気自動車メーカー、テスラの今年通年の納車台数見通しを、ロバート・W・ベアードが引き下げた。「モデル3」の納車実績が予想を下回ったほか、「モデルS」や「X」の需要が鈍化しつつあることを反映させた。

  アナリストのベン・カロ氏は、1-3月(第1四半期)の納車台数は期待外れで、「過度にネガティブなセンチメント」の改善にはつながらなかったとしながらも、収益性と現金創出の回復に伴い、株価は徐々にアウトパフォームするとの見方を示した。

  同氏は「2018年半ば時点と同様に、テスラを巡る観測は依然として驚くほどネガティブだ」と指摘。「こうした状況が変わるには数四半期かかる可能性を認識してはいるが、時間とともにセンチメントは上向くと引き続き考えている。同社が十分な業績を上げられることを証明するのに伴い、持続的な株価上昇をもたらすはずだ」と述べた。

  カロ氏は現時点で、19年の全体の納車台数が36万1000台と、テスラのガイダンス(36万-40万台)の下限近くになると予想。目標株価を465ドルから400ドルに引き下げる一方、モデル3の需要に関する懸念は行き過ぎているとして、投資判断は「アウトパフォーム」に据え置いた。

原題:Tesla Analyst at Baird Highlights Gloom But No Doom for 2019(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE