コンテンツにスキップする

JPモルガンCFOにパイプザック氏、レーク氏は消費者金融統括に

  • ダイモンCEOの後任選定準備の一環として女性上級幹部の役職交換
  • 人事異動は5月1日付、次期トップの選定はまだ数年先の公算

JPモルガン・チェースはジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)の後任選定準備の一環として、女性の上級幹部2人の役職を交換する。

  同行の17日の発表資料によると、マリアン・レーク最高財務責任者(CFO)は消費者向け金融部門の責任者となる一方、カード事業を率いてきたジェニファー・パイプザック氏がCFOに就任しJPモルガンの経営委員会に加わる。この人事は5月1日付で実施される。

  次期トップの選定はまだ数年先となる公算が大きいが、いずれも49歳のレーク、パイプザック両氏は今回の異動で同行全体を統率する上で必要な技能を向上する機会が得られる。レーク氏はJPモルガンの主要ビジネスをこれまで統括しておらず、パイプザック氏は公の場での注目度が低めで経営委員会に入ったことはなかった。

  ダイモンCEOとダニエル・ピント、ゴードン・スミス両共同社長は文書で、レーク、パイプザック両氏について「非凡な幹部であり、当行の成功に極めて重要な役割を果たしてきたリーダーだ」と評価。JPモルガン・チェースが優れた人材を豊富に育んできたことは誇りだと述べた。

原題:JPMorgan Names Piepszak CFO as Lake to Run Consumer Lending (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE