コンテンツにスキップする

賃貸で住むならバンクーバー、空室課税避け物件オーナーが破格で提供

  • ほんの数年前は世界的不動産ブームの中心だったが今は様変わり
  • 昨年6月のピークから8.5%値下がり-不動産協会

バンクーバーの超高級住宅に月1100カナダ・ドル(約9万2000円)で住めるとの情報をフェイスブックで知った時、アイザイヤ・ブードホーさんは「完全にかつがれている」と思った。

  今はベッドルーム9室のその物件を学生14人でシェアしている。所有者はアフガニスタン人のポップアーティストのようだ。ガラスのシャンデリアやビリヤード台まであり、「ザ・キャッスル」と呼ばれるこの物件に「正直なところできるだけ長く住みたい」と22歳のブードホーさんは言う。

relates to 賃貸で住むならバンクーバー、空室課税避け物件オーナーが破格で提供

「ザ・キャッスル」

CTV

  バンクーバーでは空き部屋に課せられる新しい税金を避けるため、所有者が積極的に借り手を探している。中国人投資家も去りつつあるこの都市の不動産市場では、低めの家賃提示が今は当たり前。それで学生でさえ高級物件に住むこともできるというわけだ。

West-Coast Woes

Vancouver home sales haven't been this weak since the global financial crisis

Source: CREA

  ほんの数年前は世界的不動産ブームの中心だったバンクーバーだが、今では様変わりだ。2016年までの10年間で住宅価格が倍以上になり、ニューヨークとロンドンをもしのぐ高騰ぶりだったが、新税や住宅ローン規制の厳格化といった相場を沈静化させる政策が講じられたこともあり、販売は世界的な金融危機以来の低水準に落ち込んだ。

  グレーターバンクーバー不動産協会(REBGV)によれば、昨年6月のピークから今は8.5%値下がり。新税を避けようと物件オーナーが急いで入居者を見つけようと破格の家賃を提示し、バンクーバーの空室率はゼロ%に近いという。

relates to 賃貸で住むならバンクーバー、空室課税避け物件オーナーが破格で提供

「バンクーバー・ハウス」

Photographer: Jennifer Gauthier/Bloomberg

  「バンクーバー・ハウス」はねじれたその形状がひときわ目立つ高層マンションだ。不動産開発会社のウエストバンクが14年に先行予約販売を開始すると、そのユニークさも手伝いすぐに約400戸の高級住宅は売り切れた。だが建物の完成が近づくにつれ、その権利を手放そうとする動きが広がっていることが不動産ウェブサイトに掲載された物件情報で示されている。

  物件広告の1つは、368平方フィート(約34平方メートル)の部屋を51万5000カナダ・ドルと「元値で譲ります」と中国語で書かれている。先行予約物件を専門に扱うヌ・ストリーム・リアルティーのジェリー・ホアン氏によれば、昨年時点では80万カナダ・ドルでも買うとしていた購入希望者がいた。

  先行予約販売での購入は以前、確実に稼げる取引とされていた。頭金20%を払い、物件の完成前に価格を上乗せして転売できたのだ。ウエストバンクは電子メールで、一部の投資家が購入してから5年間で、物件により評価額が25-100%上昇したと説明。こうした転売は全戸の10%未満であり、「想定内」だとしている。だが、一段と広範な下降トレンドはさまざまな開発物件で見られ始めつつある。

原題:College Kids Are Living Like Kings in Vancouver’s Empty Mansions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE