コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

【NY外為】ドルが高安まちまち、高リスク資産が伸び悩み

更新日時
  • ドル指数は0.1%低下、ユーロは対ドルで小幅高
  • 米企業決算や米中通商合意の可能性、中国の経済成長率を材料視
A 2017 50 subject uncut sheet of $1 dollar notes bearing the name of U.S. Treasury Secretary Steven Mnuchin sits on display at the U.S. Bureau of Engraving and Printing in Washington, D.C., U.S.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

17日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨に対して高安まちまち。米企業決算や米中通商合意の可能性、中国経済の予想以上の底堅さなどが材料視される中、高リスク資産が上げを失った。

  • ニューヨーク時間午後4時52分現在、ブルームバーグのドル・スポット指数は0.1%低下
    • ドルはユーロやスウェーデン・クローナ、カナダ・ドルに対して下落。ニュージーランド・ドルやスイス・フランに対しては上昇
  • 円とスイス・フランは下落。米中は通商協議で早ければ5月下旬の合意書署名を目指すと、米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じ、オフショア人民元が一段高となった
    EUR/CHF 2-month high as U.S. China trade deal could be signed in May
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)は最新の地区連銀経済報告(ベージュブック)で、米経済がわずかないし緩やかなペースで拡大したとの認識を示した
  • ユーロはドルに対し0.2%高の1ユーロ=1.1299ドル。一時は中国経済関連の材料を受け、1.1324ドルで日中高値を付けた
    • 米中貿易関連の材料を受け、ユーロはスイス・フランに対し2カ月ぶり高値に
    • 欧州中央銀行(ECB)政策理事会メンバーのノボトニー氏は、ユーロ圏経済は下期に少なくとも安定化する見通しだと発言
  • 米ドルはカナダ・ドルに対する下げ幅を縮小。原油相場の下落が背景
  • ドル・円は0.1%高の1ドル=112円08銭。112円ちょうど近辺でもみ合う展開が続いた
    • 中国の経済指標を受け、一時は0.2%高の1ドル=112円17銭に達した
    • 麻生財務相が来週訪米する方向で調整しており、ムニューシン米財務長官と為替条項を協議する可能性があると、共同通信が報じた

欧州時間の取引

  ユーロが上昇。ドルに対し0.4%高となった後、上昇の勢いが衰えた。この日のユーロ圏の消費者物価指数(CPI)改定値は速報値と一致。市場の注目は翌日発表予定の購買担当者指数(PMI)に移った。

原題:Greenback Mixed as Risk Assets Surrender Gains: Inside G-10(抜粋)
Euro Gains, China Data Support Commodity Currencies: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE