コンテンツにスキップする

4月17日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルが高安まちまち、高リスク資産が伸び悩み

  17日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨に対して高安まちまち。米企業決算や米中通商合意の可能性、中国経済の予想以上の底堅さなどが材料視される中、高リスク資産が上げを失った。

  • ニューヨーク時間午後4時52分現在、ブルームバーグのドル・スポット指数は0.1%低下
    • ドルはユーロやスウェーデン・クローナ、カナダ・ドルに対して下落。ニュージーランド・ドルやスイス・フランに対しては上昇
  • 円とスイス・フランは下落。米中は通商協議で早ければ5月下旬の合意書署名を目指すと、米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じ、オフショア人民元が一段高となった
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)は最新の地区連銀経済報告(ベージュブック)で、米経済がわずかないし緩やかなペースで拡大したとの認識を示した
  • ユーロはドルに対し0.2%高の1ユーロ=1.1299ドル。一時は中国経済関連の材料を受け、1.1324ドルで日中高値を付けた
    • 米中貿易関連の材料を受け、ユーロはスイス・フランに対し2カ月ぶり高値に
    • 欧州中央銀行(ECB)政策理事会メンバーのノボトニー氏は、ユーロ圏経済は下期に少なくとも安定化する見通しだと発言
  • 米ドルはカナダ・ドルに対する下げ幅を縮小。原油相場の下落が背景
  • ドル・円は0.1%高の1ドル=112円08銭。112円ちょうど近辺でもみ合う展開が続いた
    • 中国の経済指標を受け、一時は0.2%高の1ドル=112円17銭に達した
    • 麻生財務相が来週訪米する方向で調整しており、ムニューシン米財務長官と為替条項を協議する可能性があると、共同通信が報じた

欧州時間の取引

  ユーロが上昇。ドルに対し0.4%高となった後、上昇の勢いが衰えた。この日のユーロ圏の消費者物価指数(CPI)改定値は速報値と一致。市場の注目は翌日発表予定の購買担当者指数(PMI)に移った。
原題:Greenback Mixed as Risk Assets Surrender Gains: Inside G-10(抜粋)
Euro Gains, China Data Support Commodity Currencies: Inside G-10  

◎米国株・国債・商品:株下落、ヘルスケア安い-クアルコム続伸

  17日の米株式市場ではS&P500種株価指数が1週間ぶり安値に下落。医療保険関連の政策変更への懸念からヘルスケア関連銘柄が売られた。また企業決算にも、景気に対する信頼感を高める効果はほとんど見られなかった。

  • 米国株は下落、ヘルスケア関連銘柄が安い
  • 米国債はほぼ変わらず-10年債利回り2.59%
  • NY原油は下落、在庫減少幅が業界予想を下回る
  • NY金はほぼ変わらず、1オンス=1276.80ドル

  S&P500種は2900。ユナイテッドヘルス・グループやアンセム、ヒューマナといった医療保険銘柄が安い。メルクはダウ工業株30種平均の構成銘柄中で最大の値下がり。一方でナスダック100指数は上昇し、昨年8月に付けた高値を上抜けた。クアルコムは大幅続伸となり、この2日間の上昇率は一時40%を超えた。

  S&P500種株価指数は前日比0.2%安の2900.45。ダウは3.12ドル下げて26449.54ドル。ナスダック総合指数は0.1%下げた。米国債市場では、ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りがほぼ変わらずの2.59%。

  議員らの間では「メディケア・フォー・オール(国民皆健康保険制度)」法案に関する議論が活発になっている。この動きが制度の大部分の収益モデルに大きな影響を及ぼすとの見方が、関連銘柄に重しとなった。

  FTSEラッセルの世界市場調査担当マネジングディレクター、アレック・ヤング氏は「法律面での変更が今年の利益にマイナスの影響を及ぼすという説得力ある証拠はまだないが、下期の利益回復のけん引役とみられていた業界に強い逆風が生じるのはプラス材料ではない」と指摘した。

  ニューヨーク原油先物相場は下落。米政府統計で示された原油とガソリンの在庫減少幅が、業界の予想を下回ったことが手掛かり。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は29セント(0.5%)安の1バレル=63.76ドル。ロンドンICEの北海ブレント6月限は10セント下げて71.62ドル。

  ニューヨーク金先物相場はほぼ変わらず。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は1オンス=1276.80ドル。
原題:Stocks Drop on Health-Care Rout; Crude Oil Slumps: Markets Wrap(抜粋)
Oil Stumbles as Crude and Gasoline Declines Dash Expectations
SPDR Gold ETF’s Holdings Sag to 2019 Low as Metal’s Gains Vanish

◎欧州債:ドイツ債が下げ幅縮小、パフォーマンスは米債に及ばず

  17日の欧州債はドイツ債が下げ幅を縮小したものの、パフォーマンスは米国債を下回った。この日は米国株が軟調で、米国債に買いが入った。

  • ドイツ債利回りは一時4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して0.1%と、4週間ぶり高水準をつけた。中国のGDP統計が手掛かりだった。その後、米国債が上昇するとドイツ債は下げを縮小した。中核国債は準中核国債のパフォーマンスを下回った
  • イタリア債は中期債を中心に下落。サルビーニ副首相は付加価値税(VAT)を引き上げないと述べた一方で、トリア財務相は代わりの財源が見つからなければVATを引き上げる可能性があると言明した
  • 英国債利回りは一時5週ぶり高水準に上昇。英国債価格は3月のCPIの伸び率が予想を下回ったことを受けて、下げ幅を縮小した
  • ドイツ10年債利回りは2bp上げて0.08%、フランス10年債利回りは1bp上げて0.43%、イタリア10年債利回りは2bp上昇の2.62%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Bunds Pare Loss, Underperform USTs: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE