コンテンツにスキップする

ECBノボトニー氏、ユーロ圏経済は下期に安定へ

  • 階層化はマイナス金利脱却の手段であれば賛成
  • ニューヨークでブルームバーグのインタビューに応じた

ユーロ圏経済は下期に少なくとも安定化する見通しのため、欧州中央銀行(ECB)が6月に成長率予測を大幅に引き下げる公算は小さい。政策委員会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁が述べた。

  同総裁はニューヨークでのインタビューで、先週の国際通貨基金(IMF)会合での討論を通して当局者らの「中国についての見通しは若干改善した」とも語った。「米中の貿易摩擦の解決策が見いだされるだろうと考えることができ、従って今年下期について希望が持てる兆候がある」と述べた。

  観測が浮上しているECBマイナス金利の階層化については、銀行の負担を軽減することと、政策正常化開始のシグナルを送ることが目的であれば最終的には理にかなうものの、金利をさらに長期にわたって低く維持するためであればそうではないとの考えを示した。銀行の負担軽減策としては「合理的と思われるが、ユーロ圏ではまだその時期ではない」と語った。また、緩和的政策からの「出口の第一歩と考えれば賛成だ」が、低金利を「恒久化する手段だとみるならば、間違った道だ」と述べた。

Growth Comback

Euro-area economy is expected to accelerate next year

原題:ECB’s Nowotny Sees Euro-Area Economy Stabilizing in Second Half(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE