コンテンツにスキップする

鴻海精密工業の郭会長、来年の台湾総統選に出馬意向表明

更新日時
  • 野党・国民党の候補指名獲得を目指す-郭会長
  • 蔡英文総統は再選目指す-対中スタンスを巡る争いに

来年の台湾総統選への出馬を目指すと鴻海精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)会長が17日表明した。民主進歩党の蔡英文総統は再選を狙っており、中国に対するスタンスを巡り次期総統選は激しい争いとなりそうだ。

Foxconn Chairman Terry Gou Attends Company Event

鴻海精密工業の郭台銘会長

写真家:Ashley Pon / Bloomberg

  郭氏は台北市内で記者団に対し、対中融和路線の野党・国民党の候補指名獲得を目指すと言明。「国民党の予備選に参加する」と述べた上で、「それに勝てば2020年に党のために戦う」と話した。

  郭氏はこれより先、台湾海峡の平和を支援するため自身が立候補するよう「媽祖」が促したと述べていた。媽祖は中国南部や台湾などで信仰されている海の女神。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、郭氏(68)は台湾3位の富豪。

Terry Gou

国民党本部で(17日)

Photographer: Ashley Pon/Bloomberg
Taiwan's Nine Day Mazu Pilgrimage

「媽祖」

Photographer: Carl Court/Getty Images

原題:Foxconn Billionaire Gou Says He Will Run for Taiwan Presidency(抜粋)

(ブルームバーグ・ビリオネア指数を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE