コンテンツにスキップする

ゴールドマンCEO、米リセッションリスクは1月より低下-CNBC

  • 「米経済はかなりうまくいっていると思う」
  • 1月には19年のリセッション確率15%、20年は50%とみていた

米ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は17日、米経済が2020年末までにリセッション(景気後退)に陥る可能性は1月よりも低くなったとの見方を示した。CNBCとのインタビューで語った。

  同CEOはリセッションの確率が高まっていると感じさせる「いかなる形や形式でもそうしたでデータは何ら見受けられない」とし、「米経済はかなりうまくいっていると思う。現時点でトレンドに沿った成長をしていると思う」と述べた。

  世界的に中央銀行が「よりハト派的」になったと指摘し、「景気拡大の持続のために良い兆候だ」と話した。ソロモンCEOは1月には19年のリセッション確率15%、20年は50%とみていた。

原題:Goldman CEO Sees Less U.S. Recession Risk Than in Jan.: CNBC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE