コンテンツにスキップする
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

自動車関税は「手りゅう弾からピン抜く」ことに-北米トヨタ幹部

  • 追加関税を課せば重大な経済的損失が生じかねないと警告
  • TMNAのセールス担当副社長、ロバート・カーター氏が発言
Honda Motor Co. sport utility vehicles (SUV), front, and Toyota Motor Corp. vehicles bound for shipment, back, bound for shipment sit at a port in Yokohama, Japan, on Monday, Feb. 18, 2019. Japan is sticking to its view that the U.S. won’t apply higher tariffs on imports of Japanese cars and auto parts so long as negotiations toward a trade deal continue, according to Tokyo’s lead negotiator with Washington. Negotiations over a trade deal announced last September by Trump and Abe have yet to start, partly due to ongoing talks between Washington and Beijing.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

トヨタ自動車は16日、トランプ米政権が国家安全保障上の理由から自動車・同部品に追加関税を課すことを選択した場合、重大な経済的損失が生じかねないと警告した。

  そのような関税を発動すれば、「手りゅう弾からピンを抜く」ようなことになるだろうとトヨタの北米統括会社トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(TMNA)のセールス担当副社長、ロバート・カーター氏が、ニューヨーク国際自動車ショー関連の会議で発言した。

原題:Toyota Likens Trump’s Auto Tariffs to Pulling Pin Out of Grenade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE