コンテンツにスキップする

コメルツ銀株、上昇-INGが統合の可能性を打診と関係者

  • ウニクレディトも提案準備-ドイツ銀との合併成立しなければ-FT
  • ドイツ銀とコメルツ銀の協議に批判-大規模な人員削減見込みで

ドイツのコメルツ銀行はオランダのINGグループから統合の可能性について打診を受けたと事情に詳しい関係者1人が明らかにした。コメルツ銀を巡っては、ドイツ銀行との合併交渉に批判が高まっている。

  独誌マネジャー・マガジンが16日に先に、情報源を明らかにせずINGの協議について報じたことを受け、コメルツ銀の株価は同日の取引で上げを拡大。INGのラルフ・ハマーズ最高経営責任者(CEO)は交渉開始に向け、ドイツ政府とコメルツ銀のマルティン・ツィールケCEOに接触していると同誌は伝えた。オランダ最大の銀行であるINGの時価総額はほぼ470億ユーロ(約5兆9400億円)に対し、コメルツ銀は100億ユーロ。INGとコメルツ銀、独財務省の担当者はいずれもコメントを控えた。

Key Speakers At The Institute Of International Finance G20 Conference

ハマーズCEO

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

  ハマーズCEOは、統合が成立した場合の人員削減について、コメルツ銀とドイツ銀との合併の場合に必要となる規模を下回ると約束したと同誌。INGの本店をアムステルダムからフランクフルトに移すことも提案したという。独2行による合併は最大3万人の人員削減につながりかねず、労働組合からの激しい反発が広がっている。

  16日のフランクフルト市場でコメルツ銀株は3.1%高。一方、ING株はこのニュースが流れると上げを縮小した。

  フランスのBNPパリバやイタリアのウニクレディトなどの銀行も過去に、コメルツ銀への関心を独政府に表明していると事情に詳しい複数の関係者が指摘。英紙フィナンシャル・タイムズによると、ドイツ銀との交渉が不首尾に終われば、ウニクレディトはコメルツ銀への提案を準備している。

原題:Commerzbank Is Said to Draw ING Takeover Interest; Shares Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE