コンテンツにスキップする

4月16日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル指数が続伸、リスク選好の動き強まり

  16日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨に対してまちまち。ブルームバーグのドル指数は続伸した。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る懸念でポンドは軟調。リスク選好ムードの高まりを受けてスイス・フランも下げた。 

  • ニューヨーク時間午後4時44分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇
    • ドルはスウェーデン・クローナ、ノルウェー・クローネ、カナダ・ドルに対し下落
    • ボラティリティー低下に加え、アジアと欧州の経済が回復しつつあるとの見方が、高リスク通貨への追い風に
    • 米国株は上昇、商いが比較的少ない中で米国債イールドカーブはスティープ化
  • ドルはスイス・フランに対し0.4%高、1カ月ぶり高値近辺
  • ポンドはドルに対し0.4%安の1ポンド=1.3049ドル
    • 下げ幅は4月5日以来の大きさ
    • 政府とのEU離脱協議が行き詰まったとの英野党・労働党コービン党首の発言を、英紙ガーディアンが報じた
  • ドルは円に対しほぼ変わらずの1ドル=112円02銭
    • ワシントンで日米貿易協定交渉が行われた
  • ユーロはドルに対し0.2%安の1ユーロ=1.1282ドル
    • ニューヨーク時間の午前に1.1314ドルで日中高値を付けた後は失速
    • ECBが3月に示したユーロ圏経済の下期回復予測に対して、先週の会合で疑問視する金融政策当局者がいたとロイター通信が報じ、ユーロの値動きが荒くなる場面もあった
    • ブルームバーグ・ニュースは、ECB当局者らはマイナス金利政策の見直しに消極的だと、関係者の話として報じた

欧州時間の取引

  主要通貨のボラティリティーが低い傾向が続いた。雇用市場の堅調が続いていることを示す英国の統計を受け、ポンドは下げ幅を縮小した。ドル指数は続伸。
原題:Dollar Rises a 2nd Day Amid Stronger Risk Appetite: Inside G-10(抜粋)
Pound Volatility Collapse Faded by Hedge Funds: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株はS&P500が小幅高-決算は強弱まちまち

  16日の米国株は総じて上昇。S&P500種株価指数は小幅高となった。この日発表された大手企業の決算では強弱まちまちな内容が示された。米国債相場は下落し、10年債利回りが3月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合以来の高水準を付けた。

  • 米国株はS&P500種が小幅高、決算は強弱まちまち
  • 米国債は下落、10年債利回り2.59%
  • NY原油は小幅高、供給引き締まりと在庫増加見通しを見極め
  • NY金は下落、ドル値上がりや株上昇で需要後退

  S&P500種が小幅高だった一方、ナスダック100指数は過去最高値まで0.1%以内の水準で引けた。アップルとクアルコムは、全世界での訴訟全てを取り下げることで合意したと発表。株価はアップルが横ばい、クアルコムは大幅高となった。

  ネットフリックスはこの日上昇したが、通常取引終了後に発表された決算で主要項目が市場予想を下回ったことから、時間外取引では値下がりした。IBMも時間外取引で下落。売上高が予想に届かなかった。

  この日は金融株が高い。ブラックロックの好調な決算などが好感された。一方で医療保険のユナイテッドヘルス・グループは下落。決算発表後の電話会議での幹部発言を受け、政策を巡る不透明感が再燃した。他の医療保険株も連れ安となった。ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は好調な決算を好感して上昇。

  バンテージポイント・インベストメント・アドバイザーズの最高投資責任者(CIO)、ウェイン・ウィッカー氏は「このところは非常に重要な企業の決算発表が続いている。12日はJPモルガン、きょうはブラックロックが発表した。今週は他にも何社か予定されている。それら金融機関の多くは好調な決算となっているようだ」と指摘した。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%高の2907.06。ダウ工業株30種平均は67.89ドル(0.3%)上げて26452.66ドル。ナスダック総合指数は0.3%高。米国債市場では、ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りが4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.59%。

  ニューヨーク原油先物相場は小幅高。世界的に供給が引き締まりつつある状況と、米原油在庫の増加見通しを見極める展開となり、相場は日中上げ下げを繰り返した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は65セント(1%)高の1バレル=64.05ドル。ロンドンICEの北海ブレント6月限は54セント上昇し71.72ドル。

  ニューヨーク金先物相場は下落し、昨年12月以来の安値となった。ドルの値上がりや世界的な株価上昇で、安全資産としての金の需要が後退した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は1.1%安の1オンス=1277.20ドル。
原題:Stocks Rise Amid Disparate Earnings; Bonds Retreat: Markets Wrap(抜粋)
Oil Closes Higher as Tight Market Awaits Snapshot on Shale Boom
PRECIOUS: Gold Slips to This Year’s Low as Dollar, Stocks Rally

◎欧州債:イタリア債、ドイツ債が下落-成長見通しを疑問視

  16日の欧州債市場ではイタリア債とドイツ債が小幅安。ECB当局者らがマイナス金利適用を一部免除する階層化に消極的であると、ブルームバーグが関係者を引用して報じたほか、ロイター通信が下期の景気回復を疑問視するECB当局者が「過半数に満たないがある程度」いたと、情報源を明らかにせずに報じたことが手掛かりとなった。

  • イタリア債は中期債を中心に下落。この日、株価指数のFTSE・MIB指数は上昇、銀行株などがけん引した
  • ドイツ債は小幅安。ECB当局者による回復懸念が報道されると、その後上げを失った
  • 英国債のパフォーマンスはドイツ債を上回った。イールドカーブは長期債が若干スティープ化した
  • ドイツ10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げて0.06%、フランス10年債利回りは0.42%で変わらず、イタリア10年債利回りは2bp上昇の2.60%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Bunds, BTPs Fall Amid Tiering, Growth Doubts: End-of-Day Curves(抜粋)

(NY外為、米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE