コンテンツにスキップする

「極めて低い」金利、少なくとも2021年末まで続く公算-KKR

米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社KKRは金利が最低あと2年、おそらくはそれ以上の期間にかけて低水準にとどまるとみている。

  高齢化社会、技術革新、中央銀行の介入が金利「上昇の抑制」に寄与すると、グローバルマクロ・アンド・アセットアロケーション責任者のヘンリー・マクベイ氏は16日付のリポートで指摘。その後ブルームバーグテレビジョンでのインタビューでは、米金融当局が年内に利下げしない可能性が高くなっていると述べた。

  「少なくとも2021年末まで、おそらくはそれよりはるかに長い間、金利が極めて低い水準にとどまる公算が大きいと、当社は強く確信している」 と、マクベイ氏はリポートに記した。

  同氏はブルームバーグテレビジョンに対し、中国の景気刺激策は効果を示しつつあるが、それが実感されるのは7-9月(第3四半期)以降だろうとの見方を示した。

Kohlberg Kravis Roberts & Co. Head Of Macro And Asset Allocation Henry McVey Interview

ヘンリー・マクベイ氏

Christopher Goodney/Bloomberg

  このほかKKRはリポートで、不動産に対する投資判断を「オーバーウエート」に据え置き、欧州と米国の住宅など、デュレーションが短めの担保付き民間投資案件を選好すると記した。

原文:KKR’s McVey Sees ‘Extremely Low’ Rates Through at Least 2021 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE