コンテンツにスキップする

BofA、1-3月は過去最高益-消費者向け銀行部門が好調

  • 純金利収入は前年同期比9.7%増、トレーディング収入13%減
  • 投資銀行業務の手数料収入は7%減の12億6000万ドル

バンク・オブ・アメリカ(BofA)の1-3月(第1四半期)決算は、消費者向け銀行部門の好調で過去最高益となった。

  16日の決算発表によると、消費者向け部門の純金利収入(NII)は前年同期比9.7%増となった。融資拡大が寄与した。一方、トレーディング収入は13%減少した。

  同業のJPモルガン・チェースと同様、消費者向け銀行業務は昨年の4回の米利上げと比較的良好な米経済の恩恵を受けた。

  ブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「米国の経済成長と消費者の活動は引き続き堅調だ」とコメントした。

  消費者向け部門の収入は7.3%増の96億3000万ドル(約1兆800億円)。BofA全体の純金利マージンは2.51%と前年同期の2.42%から拡大した。

  一方、トレーディングと投資銀行業務は投資家の用心深い姿勢の影響を受けた。トレーディング収入は35億5000万ドルに減少。アナリスト予想の34億9000万ドルは上回った。投資銀行業務の手数料収入は7%減の12億6000万ドル、アナリスト予想平均は12億9000万ドルだった。

  純利益は5.7%増の73億1000万ドル(1株当たり70セント)で、予想(66セント)を上回った。収入はわずかに減少し232億ドル。アナリスト予想中央値に一致した。

原題:BofA Posts Record Profit as Higher Rates Fuel Consumer Business(抜粋)
BofA Posts Record Profit as Higher Rates Fuel Consumer Unit (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE