コンテンツにスキップする

UBSが6年連続で1位-アジアのプライベートバンク番付

  • 2位のクレディ・スイスがわずかながら差を縮めた
  • アジア・プライベート・バンカーのリポートが示した
Credit Suisse Group AG And UBS Group AG Offices As Swiss Consumer Growth Likely To Slow
Photographer: Michele Limina/Bloomberg
Credit Suisse Group AG And UBS Group AG Offices As Swiss Consumer Growth Likely To Slow
Photographer: Michele Limina/Bloomberg

アジアのプライベートバンク番付で、UBSグループが6年連続で首位となった。UBSの運用資産は減少したものの依然、アジアのトップ20プライベートバンクの中で群を抜いていた。アジア・プライベート・バンカー(APB)のリポートが示した。

  UBSの昨年の運用資産は3570億ドル(約39兆9500億円)。香港のAPBがウェブサイトで発表したところによると、クレディ・スイス・グループがわずかながら差を縮めた。UBSの運用資産は約7%減ったのに対し、クレディ・スイスは1.5%増え2050億ドルとなった。

  昨年は市場が混乱し富裕層顧客が資金の活用を手控えたため、運用資産は業界全体で減少。APBによると、中国を除くアジアのトップ20のプライベートバンクの運用資産は合計で3.6%減の1兆6300億ドルとなった。

アジアのトッププライベートバンク

銀行運用資産(10億ドル)前年比変化(%)
1.UBS357-6.7
2.クレディ・スイス205+1.5
3.HSBC124-3.9
4.ジュリアス・ベア112-2.7
5.モルガン・スタンレー 105+2.9

最新調査の対象は顧客1人当たりの資産が100万ドル以上のプライベートバンク。顧客1人当たりの最低資産額要件は銀行によって異なる。

原題:UBS Tops Asia Private Banking League for Sixth Straight Year (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE