コンテンツにスキップする

日本電産、オムロン車載部品子会社を1000億円で買収

更新日時
  • レーダーに強み、センサー製品群がほぼそろう形と日電産
  • 買収先の18年3月期の売上高は363億円、純利益は36億円
日本電産のロゴ
日本電産のロゴ Photographer: Akio Kon
日本電産のロゴ
Photographer: Akio Kon

日本電産オムロンの車載電装部品子会社オムロンオートモーティブエレクトロニクスを約1000億円で買収すると発表した。

  16日の発表によると、取引実行日は10月末ごろを想定している。日電産とオムロンの業績への影響は詳細が確定した後、公表する。

  買収する子会社は自動運転に使われるレーザーレーダーやドライバーモニターシステム関連の製品に強みがある。日電産は買収で「将来の自動運転のためのセンサー製品群がほぼそろう形となる」と説明した。

  日電産は自動車の電動化や自動運転に対応するため、M&A(企業の合併・買収)を活用して必要な技術を獲得してきた。車載事業は2020年度に売上高6000億円を目指している。

  買収する子会社の18年3月期の売上高は363億円、純利益は36億円だった。設立は10年。

(発表の詳細を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE