コンテンツにスキップする
Photographer: JOHANNES EISELE/AFP

米国株、相場下落局面で他国の株よりも売られる見通しーモルガンS

  • 米国株のダウンサイドベータは金融危機前以降で最高
  • 米国以外の国の株のダウンサイドベータは数年ぶりの低水準
Tourists flock around the "Charging Bull" on January 9, 2019 in New York. (Photo by Johannes EISELE / AFP) (Photo credit should read JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
Photographer: JOHANNES EISELE/AFP

米国株は相場下落局面において、もはや他国の株式よりも優良な投資先ではなくなった。モルガン・スタンレーが指摘した。

  MSCIオールカントリー・ワールド指数(ACWI)に対するS&P500種株価指数のダウンサイドベータは、金融危機前以降で最高となっていると、ワンティン・ロウ氏らストラテジストが顧客向けリポートで指摘した。これは世界株が下落した際に米国株のリターンがどれぐらい低下するかを示す指標。一方、米国以外の国の株式のダウンサイドベータは数年ぶりの低水準となり、ディフェンシブ性が高まっているという。

  「これは幅広い相場下落の際、米国株が他国の株よりも売られることを意味する」とストラテジストらは指摘した。

relates to 米国株、相場下落局面で他国の株よりも売られる見通しーモルガンS

原題:Global Stocks Seen Outperforming U.S. in Any Market Sell-Off(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE