コンテンツにスキップする

米金融政策、現状は「おおむね適切」-サマーズ元財務長官

  • 米経済は一般に認識されているよりもずっと脆弱
  • 再度のゼロ金利の事態に備え金融当局と財務省は協力立案を

サマーズ元米財務長官は米金融当局の現行の政策運営姿勢に支持を表明した上で、次の金利の動きは恐らく引き下げになるだろうとの見方を示した。

  サマーズ氏は15日、ワシントンのピーターソン国際経済研究所で講演し、米金融当局が利上げするよりも利下げする「公算の方がかなり大きい」と金融市場が予想する中で、「私の考える限り、現時点では景気拡大の方向に向かうべきだ」と語った。

  サマーズ氏はまた、米国の金融政策と財政政策の運営姿勢はいずれも「おおむね適切」と述べ、財政の再建も拡大も必要ないと論じた。

  ハーバード大学教授のサマーズ氏は米経済について、一般に認識されているよりもずっと脆弱(ぜいじゃく)であり、次にリセッション(景気後退)に見舞われたら、深刻なものとなりかねないリスクが懸念されると話した。

  同氏はその上で、米金融当局が景気の落ち込みに対処するため、再び金利をゼロに引き下げることを余儀なくされた場合、金融当局と財務省がどのように協力するか、現時点で計画を立てておくべきだと提言した。

原題:Summers Calls Fed Monetary Policy ‘Broadly Appropriate’ for Now(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE