コンテンツにスキップする

ゴールドマン、商品部門にコスト削減の機会あると判断-CFO

  • 金属とバルク商品を中心に10人削減されたとブルームバーグが報道
  • 1Qの商品部門純収入は前年同期比で増加、17年以降改善が続く

米銀ゴールドマン・サックス・グループは15日、傘下のコモディティー(商品)部門に「経費削減の機会」があると判断したことを明らかにした。かつてウォール街の羨望(せんぼう)の的だったビジネスをどのように再編するかについて、同行が公にコメントするのは珍しい。

  ゴールドマンの商品ビジネスは他行を長年リードしてきたが、同行が株式公開後最悪と説明した業績を2017年に計上して以降、投資家やアナリストから厳しい目が注がれてきた。

  商品部門の再編は、デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)が主導する抜本的な見直しの一環であり、金属とバルク商品を中心にスタッフ10人が削減されたとブルームバーグが先月伝えた。ただそれ以上の削減が行われるかどうかは、この日のコメントからは読み取れない。

Key Speakers At The World Economic Forum On Latin America 2012

スティーブン・シェールCFO

Photographer: Jon Halty/Bloomberg

  スティーブン・シェール最高財務責任者(CFO)は15日、見直しにより「商品部門のうち業績が標準を下回る部分から資本と経費を削減する機会が特定された」と述べる一方、「同部門にわれわれは引き続きコミットしている」と発言した。

  ゴールドマンが発表した今年1-3月(第1四半期)の商品部門の純収入は前年同期比で増加し、17年以降改善が続いている。

原題:Goldman Says Identified Commodities as Cost Cut ‘Opportunity’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE