コンテンツにスキップする

シカゴ連銀総裁:20年秋までの金利据え置きを予想-弱いインフレで

米シカゴ連銀のエバンス総裁は、現行の政策金利は適切な水準にあり、来年遅くまで変更する必要はないとの認識を示した。

  総裁は15日、米経済専門局CNBCのインタビューで「フェデラルファンド(FF)金利は2020年秋まで据え置かれるとみている」と述べた。「それによりインフレ見通しを支え、2%ないしそれをやや上回る水準での持続を確実にできると私は考えている」と語った。

  エバンス総裁は、経済データはここ最近にやや力強さを増したと述べた一方、昨年いったん上昇したインフレ率が再び当局目標の2%を下回っているとして懸念を示した。

  総裁は、「私としては、コスト圧力がインフレ率上昇をもたらすまでデータ次第の姿勢を続け、経済がどう進展するか見極めることに違和感はない」と述べた。

  2.25-2.50%としているFF金利誘導目標については、「失業率が3.8%という現状においては適切だ」とエバンス氏は述べた。「それにより雇用の拡大継続を支えることが可能だと考えている」最大限の雇用について正確なことは分からない。今後も探り続けることになるだろう」と語った。

原題:Evans Sees Fed Rates on Hold Into Fall of 2020 Amid Tame Prices (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE