コンテンツにスキップする

VWのウィンターコルン元CEOを独当局が起訴、排ガス不正問題巡り

ドイツ当局は国内自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガス不正問題に絡み、当時の同社トップだったマルティン・ウィンターコルン元最高経営責任者(CEO)を重大な詐欺行為を働いた罪で起訴した。

  ブラウンシュワイク当局が15日発表したところによると、排ガスを試験の時だけ減らす「ディフィートデバイス」を自動車に搭載して検査し、その後に欧米で販売したとして、ウィンターコルン氏のほか幹部4人を起訴した。詐欺罪の刑期は最長10年に上る。検察当局はまた、この5人に支払われた賞与の差し押さえも図っている。支給額は30万ユーロ(約3800万円)からウィンターコルン氏の約1100万ユーロに上る。

  VWがディーゼル車の排ガス量を操作する違法なソフトウエア使用に関する情報を隠していたとされる疑惑が2015年に発覚して以来、同社の信頼性は著しく損なわれた。この排ガス問題の対象となった車は世界で最大1100万台となった。

  ウィンターコルン氏の弁護士フェーリクス・デール氏は検察当局から資料への完全なアクセスが与えられていないと述べ、全ての情報が開示されない限り、今回の起訴についてコメントできないと話した。

原題:Ex-VW CEO Winterkorn Charged in Germany Over Diesel Rigging (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE