コンテンツにスキップする

テスラの「車輪が外れつつある」とアインホーン氏-売り持ち奏功

From
  • 売り持ちしていることを少なくとも3年前に公表
  • テスラの株価は1-3月に16%値下がりした

ヘッジファンド運用者のデービッド・アインホーン氏は長く続けていたテスラ株の売り持ちが奏功し、自身が率いるグリーンライト・キャピタルのリターンが1-3月に押し上げられたことを明らかにした。

Greenlight Capital LLC President David Einhorn Interview

デービッド・アインホーン氏

写真家:Christopher Goodney / Bloomberg

  アインホーン氏はテスラについて「車輪が外れつつある」と投資家に宛てた12日の書簡に記した。

  テスラが自社の電気自動車を入手可能な最も安全な車だと大げさに宣伝し、ドライバー支援システム「オートパイロット」のマーケティングも同システムの能力を巡り消費者を混乱させるやり方で行っていると同氏は批判。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がセダン「モデル3」の需要を過大に伝えているとも主張した。

  アインホーン氏(50)はテスラ株を売り持ちしていることを少なくとも3年前に公表。2017年は46%上昇、昨年6.9%値上がりしていたテスラの株価は今年1-3月に16%下落した。テスラの広報担当者にコメントを求めたが返答はなかった。

原題:Greenlight’s Einhorn Says the ‘Wheels Are Falling Off’ for Tesla(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE