コンテンツにスキップする

ロンドン金融業界の求人半減、EU離脱の不透明な見通しで

  • 業界の求職者数もここ2年で半分弱に減少-モーガンマッキンリー
  • 離脱延期で不安長引く-ロンドンからの雇用流出続くとの見方
General Views Of Canary Wharf As Citigroup Inc.'s London Landlord Is Said To Seek New Loan For Tower
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
General Views Of Canary Wharf As Citigroup Inc.'s London Landlord Is Said To Seek New Loan For Tower
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

ロンドン金融業界の求人件数がここ2年で半減したことが、人材コンサルティング会社モーガンマッキンリーの調査で分かった。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が企業信頼感を損なっているという。

  調査によれば、ロンドン金融サービス業界の求人件数と金融専門の求職者数はいずれもここ2年で半分以下に減った。ただ、2018年10-12月(第4四半期)から今年1-3月(第1四半期)にかけては共にやや増加している。

  モーガンマッキンリーのマネージングディレクター、ハカン・エンバー氏は発表資料で、「政府がEU離脱合意を巡りコンセンサスに至れないことが、ロンドン金融街の雇用主らの信頼感を急低下させた」と分析した。

Brexit Effect

London financial services vacancies

Source: Morgan McKinley

  エンバー氏は英EU離脱を恐らく10月末まで延期する決定によって、企業が不安を感じ将来の計画を立てられない状態が長引くと指摘。「ロンドンからの雇用流出が続く一方、ダブリンが最大の受益者となり、ルクセンブルクやパリ、フランクフルト、アムステルダムも恩恵を受ける」との見方を示した。

原題:London Finance Job Openings Halve in Two Years on Brexit Jitters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE