コンテンツにスキップする

米大統領の別荘に侵入した女を起訴-スパイ疑惑捜査続くと関係者

  • 中国旅券を持つ被告が3月30日に「マールアラーゴ」に侵入
  • 「マルウエア」が入っているとみられるサムドライブを所持

トランプ米大統領の別荘に侵入し逮捕された中国旅券を持つ女をフロリダ州パームビーチ郡の連邦地裁大陪審が起訴した。不法侵入に加え、大統領の警護に当たるシークレットサービス職員に虚偽の説明をした罪が問われる。

  ユージン・チャン被告は3月30日に同州のリゾート地にある大統領所有の「マールアラーゴ」に不法侵入し拘束された際、携帯電話4台とラップトップコンピューター、外部ハードドライブ、コンピューターを不正作動させる「マルウエア」が入っているとみられるサムドライブを所持。同被告の身柄拘束時、トランプ大統領は近くでゴルフをしていた。

Chinese Woman Arrested At Mar-a-Lago Attends Bail Hearing

チャン被告を乗せたとみられる車(4月8日)

写真家:Saul Martinez / Bloomberg

  起訴状にはスパイ疑惑への言及は一切ない。ウェストパームビーチで4月8日に行われたチャン被告に対する審問では、ロランド・ガルシア検察官は同被告がスパイ活動やそれに関連した罪に今回問われていないと話していたが、当局はスパイ活動だったかどうかの捜査を続けると判事に述べていた。

  事情に詳しい関係者によれば、中国の工作員がトランプ大統領とマールアラーゴを標的にして米政権の対中政策に関する情報を得ようとしているかどうかを探る広範な捜査が連邦捜査局(FBI)を中心に行われており、その一環としてチャン被告に対する調べが続いている。このスパイ防止活動は昨年12月に始まり、チャン被告拘束後に強化されたと関係者が捜査が継続中であるとして匿名を条件に語った。

 Mar-a-Lago GETTY Sub Mar Lago

「マールアラーゴ」

写真家:Joe Raedle / Getty Images

  FBIの犯罪科学専門家がサムドライブ内のマルウエアとチャン被告が持っていた他の電子機器が中国の情報収集活動と何らかのつながりがないか分析していると関係者は説明。同被告の一部電子機器からの情報が大陪審が起訴を決めるのに使われたという。

  チャン被告のロバート・アドラー公選弁護人は8日の審問で、同被告はマールアラーゴ内にいた正当な理由があるとし、予定されていたもののその後キャンセルされたイベントに参加するつもりだったと主張。検察側は起訴状で、チャン被告は「マールアラーゴとその敷地内でそうしたイベントがないことは十分分かっていた」とコメントした。

原題:Chinese Woman in Mar-a-Lago Mystery Is Indicted for Lying (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE