コンテンツにスキップする

ウッズのマスターズVで契約社に恩恵-ナイキやブリヂストンなど

更新日時
  • 最終ラウンドのテレビ放映でナイキやブリヂストンなどに宣伝効果
  • 今回の優勝はテーラーメイドや興和など他のスポンサーにもプラス
タイガー・ウッズ

タイガー・ウッズ

Photographer: Andrew Redington/Getty Images North America
タイガー・ウッズ
Photographer: Andrew Redington/Getty Images North America

タイガー・ウッズがゴルフのマスターズ・トーナメントで優勝したことで、同選手の低迷期にも契約を維持したり、新たに契約を結んだりした企業が恩恵を受けることになりそうだ。

  今回の優勝はスポンサーにとっても勝利を意味する。ウッズは最後の追い上げを見せた最終ラウンドのテレビ放送で、さまざまなスポンサー企業に計2360万ドル(約26億円)余りの宣伝効果をもたらしたと、スポンサーシップ分析会社エーペックス・マーケティング・グループが指摘した。

The Masters - Final Round

マスターズ優勝後の表彰式でのタイガー・ウッズ

(Photo by Andrew Redington/Getty Images) Photographer: Andrew Redington/Getty Images North America

  14日の優勝の直後、長期間スポンサーを務めてきた米ナイキは偉業達成を祝福するビデオを公開した。ナイキほどウッズとの関係が密接な企業はない。同社はウッズと1996年のプロ転向後に契約し、その後スターの座に上り詰めた同選手を中心にゴルフ事業を展開。だが、同社は2016年にゴルフクラブ、ボール、バッグ生産からの撤退を発表。ナイキは依然ウッズの衣料品のスポンサーを務めているが、ボールやクラブなどについてウッズは他のパートナーを探さなければならなくなった。

   ウッズがここ10年間で結婚生活のトラブル、薬物使用、多数の手術や不安定なプレーに悩まされる中、AT&Tやプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)傘下ジレット、ゼネラル・モーターズ(GM)傘下ビュイック、時計メーカーのタグ・ホイヤーなど、かつてゴルフファンがウッズと結び付けていた多くのブランドがウッズとの契約を解除するかもしくは契約を更新しなかった。

  だが、これらの企業に代わり新たなスポンサーが現れた。飲料ブランドのモンスターエナジーがウッズとゴルフバッグ、テーラーメイドがクラブの契約を締結。ブリヂストンの子会社は16年にゴルフボールの契約を結んだ。インドの二輪車メーカーのヒーロー・モトコープや、医薬品メーカーの興和とも契約している。

現在のスポンサー:

  • Nike -- apparel only (kept relationship)
  • Upper Deck -- sports memorabilia (kept relationship)
  • Bridgestone Golf -- golf balls since 2016, replacing Nike
  • TaylorMade -- clubs since 2017,
    replacing Nike
  • Monster Energy -- golf bag sponsor, since 2016
  • Kowa -- Japanese pain reliever, since 2011, first endorsement after scandal
  • Hero -- India motorcycles, since 2014
  • Full Swing -- golf simulator, since 2015

2008年時点のスポンサー:

  • Nike -- clothes and equipment; megadeal started in 1996
  • Upper Deck -- since 2001
  • AT&T, Accenture, Gillette, Gatorade -- all dropped him after scandal
  • EA Sports -- Tiger video game ended a few years after scandal
  • Buick/GM -- ended in 2008, after his last major but before scandal
  • TLC Laser Eyes -- firm filed for bankruptcy in 2009
  • Tag Heuer -- expired in 2011

  14日の最終ラウンドのテレビ放送で、ナイキに2250万ドル、モンスターに96万ドル、ブリヂストンには13万4000ドルの宣伝効果があったと、エーペックスは分析した。

原題:Tiger’s Masters Win a Major Boost for the Brands Still With Him(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE