コンテンツにスキップする

中国首相は今年の成長目標達成に自信、3月以降に「前向きな変化」

  • 資本市場も一段と活発化し、市場参加者の期待が「著しく改善」
  • 中国はマクロ経済政策スタンスを維持し、強い刺激策を回避する

中国政府は6-6.5%成長を含め今年の主要経済目標の達成に自信があると李克強首相が12日述べた。

  李首相はクロアチアのドブロブニクで開催されたビジネスフォーラムで、3月以降に製造業の新規受注の増加を含め、「かなり前向きな変化」があったと指摘。資本市場も一段と活発化し、市場参加者の期待が「著しく改善」したことが示されていると述べた。中国政府のウェブサイトに同首相の発言記録が掲載された。

China's Premier Li Keqiang Speaks at the Boao Forum for Asia Annual Conference

李克強首相

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  中国はマクロ経済政策スタンスを維持し、量的緩和などの強い刺激策を回避すると李首相は説明。政府はその代わり、安定的な景気状況をつくり出すため供給サイド改革に軸足を移す方針だと語った。

原題:China’s Premier Li Voices Confidence in Meeting Growth Targets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE