コンテンツにスキップする

中国、穏健な金融政策を維持へ-為替相場改善と市場開放も続ける

  • 人民銀の陳雨露副総裁が表明-国際通貨金融委への声明で
  • 元レートを適応可能な均衡水準にファンダメンタルズに沿って維持

中国は今年、成長促進に向け財政手段を活用する一方で、穏健な金融政策を続け、人民元相場をファンダメンタルズに沿った水準に維持すると中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露副総裁が表明した。

  国際通貨基金(IMF)の国際通貨金融委員会(IMFC)への声明で陳副総裁が中国経済は「全般的に安定」しているとコメントした。同声明はIMFのウェブサイトに掲載された。

The Opening Session of The National People's Congress

中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露副総裁 (3月5日)

写真家:Giulia Marchi / Bloomberg

  中国当局は本土金融セクターの開放をさらに進め、業界を強化するため国内勢と外資系との間の市場環境を公平にするとも陳副総裁は説明。「中国は積極的な財政政策を一段と強く追求」し、「より大規模な減税・料金引き下げに焦点を絞る」という。

  声明によれば、中国は「為替相場メカニズムの改善」を続けるほか、「人民元レートを適応可能な均衡水準にファンダメンタルズに沿って維持」する。

原題:China to Maintain Prudent Monetary Policy, PBOC’s Chen Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE