コンテンツにスキップする

ECBのマイナス金利は効果的、変更は不要-バシリアウスカス氏

  • 階層化の可能性についてあまり熱心ではない
  • リトアニア中銀総裁がインタビューで述べた

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、バシリアウスカス・リトアニア中銀総裁は13日、マイナス金利政策は景気刺激に効果的で、市中銀行の利益圧迫を抑えることを狙い変更する必要性は現時点ではないとの認識を示した。
 

Lithuania's Central Bank Governor Vitas Vasiliauskas

バシリアウスカス・リトアニア中銀総裁

写真家:Peter Kollanyi /ブルームバーグ

  同総裁はワシントンでのインタビューで、「引き続きポジティブな手段だと考えている。現時点において、一切変える必要はないと思う」と語った。「階層化の可能性について私はあまり熱心ではなく、分析がなされるまで待った上で、それからわれわれが決めるだろう」と説明した。

  バシリアウスカス総裁(45)は欧州の銀行セクターが解決すべき問題の1つとして、銀行の数が多過ぎることを挙げ、「統合」も考え得ると述べた。
  

Declining Margins

Euro-area banks have seen profitability declining with ECB easing policies

Source: ECB

Note: Chart shows mean response to survey question on impact of cost of funds and balance-sheet constraints on margins, with 1=contributed considerably to tightening and 5=contributed considerably to easing.

原題:ECB Policymaker Sees No Need for Tiered Rates to Help Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE