コンテンツにスキップする

GM出資断念か、新興EVメーカーのリビアンとの協議決裂ー関係者

  • リビアンにはアマゾン・ドット・コムや住友商事が出資
  • GMと合意ならリビアンのEVは市場投入早まった可能性

ゼネラル・モーターズ(GM)が新興の電気自動車(EV)メーカー、リビアン・オートモーティブに出資する協議が行き詰まり、交渉打ち切りの可能性もあると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ミシガン州プリマスに本拠を置くリビアンの電動のピックアップトラックとスポーツタイプ多目的車(SUV)は、GMの出資と提携で市場投入が早まる可能性があった。同社はアマゾン・ドット・コムとともにリビアンの戦略的投資家になるとみられていた。リビアンは2月、アマゾンを筆頭に投資家から計7億ドル(現在のレートで約780億円)を集めた。住友商事も出資している。

  関係者の1人によると、協議は過去2週間の間に終わり、リビアン創業者のR・J・スカリンジ最高経営責任者(CEO)は複数の選択肢を残しておきたい意向。同社には複数の企業が関心を示していたという。GMが合意に向けた協議を復活させられない場合、同社は自前の電動ピックアップトラック開発を続けるという。

  GMの広報担当者、パット・モリッシー氏は電子メールで「自動車業界ではさまざまなパートナー間で定期的に話し合いがあるが、当社は誰といつ、どこで協議するかは明かさない方針だ」と述べた。

Rivian Reveal Ahead Of The Los Angeles Auto Show

リビアンのR1T

写真家:Patrick T. Fallon / Bloomberg

原題:GM Talks With Amazon-Backed Electric Truckmaker Said to Collapse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE