コンテンツにスキップする

ディズニー株急伸、上場来高値を更新-動画配信サービスに期待高まる

  • 月額料金7ドルの「ディズニー+」を11日に発表
  • 収支とんとんになるには5年程度かかる見込み

12日の米株式市場でウォルト・ディズニーが急伸し、上場来高値を更新。同社の新しいストリーミングサービス「ディズニー+(プラス)」への期待が高まった。

  今年11月12日に開始する同サービスの料金は月額7ドル(約780円)。多くの企業が参入する同分野で、競合最大手のネットフリックスなどに積極攻勢をかける。

  こうした戦略が好感され、12日の市場でディズニーは一時12%高。日中ベースで2009年5月以来の大幅上昇となった。一方、ネットフリックスは一時5%安。

  ディズニーは11日、映画「メリー・ポピンズ」を撮影したスタジオでアップルのようなプレゼンテーションを展開してサービス内容を説明した。ディズニー+の料金はネットフリックスの主力プラン(月額11ドル)より数ドル安く、ディズニーの財務を圧迫する見通し。約5年間は収支とんとんにならない見込みだ。

アイガーCEOが新しいストリーミングサービスについて語る

(Source: Bloomberg)
Disney jumps to historical high after announcing Disney+

原題:Disney Leaps to Record as Investors Cheer Streaming Service(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE