コンテンツにスキップする

モルガン・スタンレーがウーバーIPOの主幹事獲得-幹事団主導

  • ウーバーのIPO目論見書に掲載された銀行は29行
  • モルガンSはIPOアドバイザーランキングで首位浮上か

モルガン・スタンレーゴールドマン・サックス・グループは配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズの新規株式公開(IPO)の引き受け業務に携わる29行から成る幹事団を主導する。

  米証券取引委員会(SEC)に11日提出されたIPO目論見書によると、モルガン・スタンレーは誰もが欲しがる主幹事の座を獲得。ゴールドマンのほか幹事会社にはバンク・オブ・アメリカ(BofA)バークレイズシティグループアレンなどが並んだ。

  ブルームバーグの集計データによると、モルガン・スタンレーは今回の主幹事獲得により、IPOアドバイザーランキングで首位に躍進する公算が大きい。首位の座は近年、JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループ、BofAが奪い合っていた。

  大手テクノロジー企業の上場が今年相次ぐ見通しとなる中、バンカーは大型IPOで主幹事獲得に向けしのぎを削っている。JPモルガンはウーバーのライバル、リフトの3月の上場で主幹事を務めた。来週はゴールドマンが写真共有サイト運営のピンタレストの株式公開を主導する。

原題:Morgan Stanley Leads Cadre of Banks Lining Up on Uber IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE