コンテンツにスキップする

クレジット投資家は自信満々-株式には疑念つきまとう

  • 債券投資家の自信と株式投資家の不安という対比が景気の全て物語る
  • クレジット市場は1-3月期としてはここ10年で最も強い相場

2019年の偉大な相場回復は、全ての資産に対して平等なわけではない。

  米国株は1987年以来で最も好調な年初からの滑り出しを見せたものの、そこには疑念がつきまとっている。止まる様子のない資金流出や最も安全な銘柄の割高さ、スマートマネー投資家の慎重姿勢がこれを示している。

Strongest companies led the stock rally, but riskier names won in credit

  一方1-3月(第1四半期)としてはここ10年で最も強い相場となったクレジット市場では、確信がますます強まっている。ジャンク債はより高格付けの債券より好調だ。対照的に株式市場では、バランスシートが最も強い銘柄が最弱銘柄と比較して、2013年の高値水準近くで取引されている。
 

Junk debt outperforms in 2019's confident U.S. credit rally

  債券ファンドへの力強い資金流入、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッド縮小も、クレジット市場の確信的な強気を示している。

  債券投資家の自信と株式投資家の不安という対比が、景気の状態について全てを物語る。

 

Bets against investment-grade ETF fall faster than equity peer

  HSBCプライベート・バンクのチーフマーケットストラテジスト、ウィレム・セルズ氏(ロンドン在勤)は「成長減速とレバレッジおよびバランスシートに関する問題の可能性を見込んでいるので、ボラティリティーが低くバランスシートの強い銘柄に投資している」と述べた。

  センチメントの乖離(かいり)は明らかだ。

  経済成長が鈍る中で株式投資家が強い企業の株式を高い代金で買い入れる一方で、マイナス利回りの債券は世界で10兆ドル(約1118兆円)に上り、債券投資家はわずかばかりのプレミアムを受け入れている。

Assets in junk-bond ETF are growing faster than S&P 500 fund

原題:Credit Investors Are All Swagger as Doubt Plagues Equities (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE