コンテンツにスキップする

米Jクルー、「メイドウェル」ブランドのIPO検討-年後半にも

  • 「リーバイス」の米リーバイ・ストラウスが先月IPOを実施
  • 「メイドウェル」スピンオフは戦略的に大いに意味ある-アナリスト

衣料小売りチェーン、米Jクルー・グループはデニム製品を中心に手掛けるブランド「メイドウェル」の株式公開を検討している。今年後半にも実施の可能性があると11日発表した。先月には、ジーンズブランド「リーバイス」を展開する米リーバイ・ストラウスの新規株式公開(IPO)があったばかり。

  業績不振が続くJクルーはまた、暫定最高経営責任者(CEO)にマイケル・ニコルソン氏が就くことも明らかにした。CEOポストは数カ月にわたり空席だった。

  グローバルデータ・リテールのアナリスト、ニール・サンダース氏はメイドウェルをスピンオフ(分離・独立)させる可能性について、「戦略的に大いに意味がある。ブランド構成の中には弱いものも、強いものもあり、できることには限りがあるからだ」と語った。

Rising Importance

J. Crew's sister brand represents a growing proportion of the company's sales

Source: Company filings

  メイドウェルは高ペースで成長しており、スピンオフはJクルーの債務負担軽減につながる可能性がある。同ブランドはミレニアル世代の間で人気が高く、前四半期の売上高は26%増と、「Jクルー」ブランドの4%減とは対照的だった。ただ、米国人のスポーツウエア志向が根強い中での相次ぐジーンズウエア関連銘柄の上場という側面もある。

原題:J. Crew Weighs Madewell IPO in Potentially Crowded Jeans Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE