コンテンツにスキップする

ECBクノット氏:次のLTROは以前より「保守的」になる必要

  • 銀行に必要以上に中銀の長期資金供給プログラムに頼ってほしくない
  • ワシントンでブルームバーグTVのインタビューに答えた

欧州中央銀行 (ECB)の新たな長期リファイナンスオペ(LTRO)はこれまでより「保守的」となるべきであり、以前ほど寛大である必要はないとの認識を政策委員会メンバー、オランダ中央銀行のクノット総裁が示した。

  国際通貨基金(IMF)春季会合のためワシントンを訪れている同総裁はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「銀行セクターに必要以上に長く中銀の長期資金供給プログラムに頼ってほしくない」と述べた。新LTROの詳細はECB政策委の今後いずれかの会合ではっきりするだろうとも話した。

クノット総裁

Markets: The Open" from the spring meetings of the IMF and World Bank in Washington. (Source: Bloomberg)

  年後半に想定されている経済成長の持ち直しが実現しないかもしれないとの懸念が広がる中で、ドラギECB総裁は10日、第3弾として予定されているLTROにどの程度の刺激効果を持たせるかは経済見通しの検証が決めると指摘した。

  政策委メンバーとして最もタカ派的な1人であるクノット総裁は、景気減速が続いた場合にどのような措置が必要になるかの臆測は控えた上で、政策委は今のところ経済のソフトパッチ(軟調局面)に対応していると説明。ECBに「弾薬がなくなることは決してない。弾薬が必要になれば、弾薬を見つけることができる」と語った。

  クノット総裁はまた、マイナス金利の銀行への影響を和らげるためECBが動く可能性には異議を唱え、マイナス金利政策は与信の伸びを促したと主張した。ドラギ総裁は先月、マイナス金利が金融政策の伝達の妨げになっていることが分かれば、副作用を和らげる措置を取る用意があると述べていた。

原題:ECB’s Knot Calls for Less Generous Round of Funding for Banks (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE