コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが反発、変動率低下-対円は111円台後半

更新日時

11日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が4日ぶりに反発。インプライドボラティリティー(IV)が低下した。原油安で資源国通貨は下落した。米国で発表された経済指標が堅調だったこともドルを支えた。 

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数が上昇。英国が合意なく欧州連合(EU)から離脱するリスクが低下したことや、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が前日の記者会見でハト派的な発言をし、ECBによる利下げ観測が高まったことが背景
    • 米国債は幅広い年限で下落。10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、2.50%
    • 3月の米生産者物価指数(PPI)は前月比0.6%上昇と、市場予想(0.3%上昇)を上回る伸び。先週の新規失業保険申請件数は19万6000件に減少。市場予想では21万件への増加が見込まれていたが、予想外に減少して49年ぶりの低水準を更新した
  • 資源国通貨のカナダ・ドルやオーストラリア・ドルの下げが目立った。原油相場は前日に付けた5カ月ぶりの高値から反落した
  • ドル・円とユーロ・ドルの1カ月物IVは低下し、それぞれ2014年以来の低水準
  • ニューヨーク時間午後4時55分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇 
  • ドルは円に対して0.6%高の1ドル=111円67銭。この2週間余りで最大の上げ
    • 米国債利回りの上昇を受けて買われた
  • ユーロはドルに対して0.2%安の1ユーロ=1.1254ドル
  • カナダ・ドルは米ドルに対して0.5%下落、オーストラリア・ドルは同0.7%安

欧州時間の取引

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数が今週に入って初めて上昇。原油安が資源国通貨への重しとなった。

原題:Sinking Vol, Solid U.S. Data Propel Dollar Gains: Inside G-10(抜粋)
Loonie Drops on Oil, Pound Volatility in Free Fall: Inside G-10

(相場を最新にし、欧州時間の取引を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE