コンテンツにスキップする
Photographer: Jim Young/Bloomberg

アマゾン・プライムの年会費を1000円値上げ-4900円に

  • 会員向け特典の提供に必要なコストの増加が影響
  • 既存会員には5月17日以降の更新時に新会費を適用
Boxes move along a conveyor belt at the Amazon.com fulfillment center in Kenosha, Wisconsin, U.S., on Tuesday, Aug. 1, 2017. Amazon.com Inc. held a giant job fair at nearly a dozen U.S. warehouses as part of its effort to hire 100,000 people in the U.S. by 2018.
Photographer: Jim Young/Bloomberg

オンライン小売り最大手の米アマゾン・ドット・コムは、日本国内の有料会員サービス「アマゾン・プライム」の年会費を1000円値上げし4900円にすると発表した。値上げは2007年6月のサービス開始以降で初めて。

  プライムは、対象商品の配送費が無料になったり、動画や音楽の配信サービスで対象の映画や楽曲を無料で視聴したりすることができるサービス。会員限定のセールなどの特典も付与されている。月単位での加入者向けでは月会費を100円値上げし500円とする。新規加入の場合には4月12日付で値上げされるが、すでに加入している場合には5月17日以降の更新時に新しい会費が適用される。

  同社は値上げの背景について、会員向け特典の提供に必要なコストが大幅に増加しているためとしている。17年にはヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸など宅配事業者各社は相次いで運賃を値上げ。アマゾンジャパンも18年4月にプライム会員ではない顧客向けの配送料の一部値上げに踏み切っていたが、プライムの会費は据え置いていた。

  同社はプライム会員の加盟者数については非公開としている。米国では18年4月にプライムの年会費を119ドル(約1万3000円)に20ドル値上げしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE