コンテンツにスキップする

中国消費者物価、3月は上昇率拡大-生産者物価は景気安定化示唆

更新日時
  • 3月のCPIは2.3%上昇-豚コレラ発生で豚肉値上がり
  • モメンタム回復も中国経済にはまだ支援必要-ANZ王蕊氏

中国の3月の消費者物価指数(CPI)が大きく上昇した。豚コレラの発生に伴う食品の値上がりが主因。生産者物価指数(PPI)上昇率も前月から拡大しており、中国経済の一段の安定化を示唆した。

  国家統計局が11日発表した3月のCPIは前年同月比2.3%上昇。ブルームバーグのエコノミスト予想と一致した。2月は1.5%上昇だった。

  3月のPPIは前年同月比0.4%上昇。市場予想も0.4%上昇だった。2月は0.1%上昇。 

China's consumer inflation is stable when excluding food, energy costs

  CPIバスケットの重要な項目である豚肉価格が3月に5.1%上昇。2年2カ月ぶりの値上がりとなった。国家統計局が発表した資料によれば、この上昇分だけでCPIを0.12ポイント押し上げた。

  オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の中国担当シニアエコノミスト、王蕊氏はブルームバーグテレビジョンで、「モメンタムが回復してきた」と指摘。中国経済にはまだ支援が必要だと分析した上で、「中国人民銀行(中央銀行)が直ちに引き締め方向にスタンスを変えるとは考えていない」と述べた。

原題:China Consumer Inflation Surges on Food, Factory Prices Rebound(抜粋)

(第4段落以降を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE