コンテンツにスキップする
Photographer: Luke Sharrett

ゴールドマンが見込む米リセッション確率、10%強に半減

  • 昨年末には20%前後と見込んだが、利上げ停止でリスクが後退
  • 下振れリスク小さくするハト派転換、概ね計画通り機能と分析
A worker puts a "Made in the USA" sticker on the back of a completed lawnmower at the Dixie Chopper manufacturing facility in Coatesville, Indiana, U.S., on Friday, June 12, 2015. The U.S. Census Bureau is scheduled to release durable goods figures on June 23.
Photographer: Luke Sharrett

ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストらは、米経済が向こう4四半期の間にリセッション(景気後退)に陥る確率は10%強との見方を示した。昨年末には20%前後と見込んでいた。

  ジャン・ハッチウス、デービッド・チョイ両氏を含むゴールドマンのエコノミストらはリポートで、金融状況が緩和されたので下振れリスクがかなり後退したと指摘。米当局が利上げサイクル停止を示唆したことがセンチメント改善に寄与したと説明した。

 アナリストらは「連邦公開市場委員会(FOMC)のハト派転換は下振れリスクを小さくすることが目的だったと思われるが、当社の調査によればこれは概ね計画通りに機能している」と分析した。

Financial conditions have eased in 2019

  ただ、成長の勢い回復に伴い金融当局はある時点で引き締め停止について再考が必要になる可能性があるとアナリストらは指摘。昨年「第4四半期の引き締め以降続いている影響が徐々に薄れるにつれ、当局は忍耐の必要性を最終的に見直すかもしれない」と記している。

原題:Goldman Lowers Chance of U.S. Recession to Just Above 10 Percent(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE