コンテンツにスキップする

中国JDドットコム、人員の大幅削減目指す

  • 一部のチームでは最大で半数減らすことを検討
  • 影響を受ける大卒者に8万円超相当のトークンでの補償提示
JD.com Inc. headquarters in Beijing.

JD.com Inc. headquarters in Beijing.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
JD.com Inc. headquarters in Beijing.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国の電子商取引会社JDドットコム(京東)は従業員の大幅削減を準備するとともに、一部の求人も撤回している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。低下する士気の向上や赤字抑制に取り組む。

  関係者の1人が社内の電子メールに基づいて話したところによると、電子商取引の分野でアリババ・グループ・ホールディングと激しく争うJDは、全社的に従業員を削減し、一部のチームでは最大で半数を減らすことを検討していると社内の管理職らに説明。同社は雇用を巡る一部の契約を取り消し、影響を受ける大卒者に5000元(約8万3000円)相当のトークンでの補償を提示していると関係者らは述べた。非公開情報だとして匿名を条件に語った。

  ジ・インフォメーションはJDが人員削減を計画しており、削減規模が最大8%に達する可能性があると先に報じていた。

  関係者によれば、こうした人員削減の恐れで社内の士気が低下し、多くが転職を探っている。景気減速で中国の消費が伸び悩む中、多角化で先行するアリババからの圧力が強まる一方、拼多多(PDD)など新興勢力との消費者の奪い合いも激しくなっている。急成長に陰りが見えつつあるテンセント・ホールディングス(騰訊)や滴滴出行も社内体制の見直しを進めている。

  JDの広報担当者ブラッド・バーゲス氏は創業時の原点に立ち返るとだけ話し、人員削減に関してコメントを控えた。

原題:Alibaba-Rival JD Is Said to Target Deep Job Cuts as Morale Sags(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE