コンテンツにスキップする
Photographer: Noriko Hayashi

24カ月以内のリセッション確率、2倍以上に高まった-グッゲンハイム

  • 前回ほど深刻にならないが通常より長期化する可能性
  • 高いバリュエーションのため株式相場は40-50%下落し得る
Morning commuters walk through Shibuya Station in Tokyo, Japan, on Monday, Dec. 10, 2012. Japan's economy shrank in the last two quarters, meeting the textbook definition of a recession, as the dispute with China, the country's biggest export market, caused consumers there to shun Japanese products and contributed to Japan's worst year for exports since the global recession in 2009.
Photographer: Noriko Hayashi

24カ月以内にリセッション(景気後退)が始まる確率は年初に比べ2倍以上に高まった。グッゲンハイム・パートナーズが9日のリポートでこのような見方を示した。景気先行指数が悪化しイールドカーブが逆転、金融政策がタイト化していることを同社は指摘した。

  最高投資責任者(CIO)のスコット・マイナード氏が率いるチームはリポートで「次のリセッションは前回ほど深刻にならないだろうが、通常より長期化する可能性はある。国内外の政策当局が景気後退に立ち向かう手段が限られているからだ」 と分析した。

リセッションについてのその他の予測

  • 企業の債務比率が高く、また「大規模なジャンク転落」が発生する可能性が高いため、クレジット市場は通常よりも大きな打撃を受ける可能性がある
  • 現在の高いバリュエーションのため、株式相場は40ー50%下落し得る
  • リセッションは来年前半に始まる可能性もあるが、米金融当局のハト派転換で現在の成長サイクルが延びる公算もある

原題:Guggenheim Says Chance of Recession in 24 Months Has Doubled(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE