コンテンツにスキップする

ブラジル政府、ペトロブラスに1兆円支払いへ-油田契約の問題決着で

  • 未開発埋蔵分の開発権の入札を10月28日に実施へ
  • 10年に結んだ契約見直しの対価を入札後に支払うとエネルギー相

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は2010年に結んだ深海油田の開発契約を巡る問題の決着で政府と合意した。これに伴い、同社は政府から90億6000万ドル(約1兆円)を受け取る。長年の交渉に終止符が打たれたことで、世界の大手石油会社が域内の巨大な埋蔵原油にアクセスする道が開ける。

  アルブケルケ鉱業・エネルギー相は9日、権利移転に関する契約見直しの対価が一括で支払われると記者団に説明。これにより、10年の契約に基づきペトロブラスが生産を認められた埋蔵原油50億バレルを超える部分の開発に向けた入札を10月28日に実施できることになったと述べた。同社への支払いは入札実施後の予定だという。

Key Speakers At The 2019 CERAWeek Conference

アルブケルケ鉱業・エネルギー相

写真家:Aaron M. Sprecher / Bloomberg

  政府は10年に未開発埋蔵量50億バレルの油田の権利を1バレル当たり8.51ドルでペトロブラスに移転。同社は13年に生産を開始し、対象鉱区の埋蔵量が当初の想定を上回ることが判明したが、巨額の負債を抱える同社には十分な開発に必要な資金が不足していた。政府は未開発埋蔵分の入札を行い、原油抽出を開始したいと考えていたが、それにはまず同社との契約問題を解決し、同社の独占開発権を解除する必要があった。

  この鉱区についてはエクソンモービルやロイヤル・ダッチ・シェルなどの企業が関心を表明している。

原題:Brazil to Pay Petrobras $9 Billion to Settle Oil Contract (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE