コンテンツにスキップする
Photographer: Bess Adler/Bloomberg

ブラックロック、中国最大級の資産運用会社目指す

  • フィンクCEOが株主への年次書簡で表明した
  • 中南米でも事業拡大-長期成長の潜在力を見据える
A pedestrian walks past American flags flying at BlackRock Inc. headquarters in New York, U.S.
Photographer: Bess Adler/Bloomberg

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックは、海外事業の拡大を進める中で中国本土で最大級の資産運用会社になることを目指しているとラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)が8日表明した。

Key Speakers and Interviews at the Bloomberg New Economy Forum

ラリー・フィンクCEO

Photographer: Justin Chin/Bloomberg

  同CEOは株主に宛てた年次書簡で、「ブラックロックにとって将来の成長に向けた屈指の機会である中国で、本土におけるプレゼンス構築に焦点を絞る」と記した。

  フィンクCEOは業界で今後5年、運用資産の実質的な伸びの50%をけん引するのがアジアであり、その大半が中国によるものだと見込まれていると指摘した。       

  運用資産約6兆ドル(約667兆円)のブラックロックはまた、中南米での事業も拡大している。同地域における長期成長の潜在力を見据えており、同社は最近初めてブラジルの責任者を採用した。

原題:Fink Says BlackRock Plans to Be a Top China Asset Manager (3) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE