コンテンツにスキップする

ドイツ銀の1-3月期業績、欧米投資銀で最弱か-JPモルガンが番付

  • ドイツ銀の第1四半期調整後1株利益予想を7%引き下げ
  • 1-3月トレーディング収入18.6%減予想-JPモルガンまとめ

米欧の投資銀行の中で1-3月(第1四半期)の業績が最も弱いのはドイツ銀行だと、JPモルガン・チェースが予想した。

  キアン・アボホセイン氏らJPモルガンのアナリストは、ドイツ銀の第1四半期調整後1株利益予想を7%下方修正した。大手投資銀8行の中で最大の引き下げ率。リポートによると、「トレーディング収入の低下が主な理由」だという。「厳しい環境の中でコスト面での柔軟性を発揮できる能力を備えた投資銀行を選好する」とも記述した。

   アナリストらは、「経営陣はコストや資本、流動性・バランスシートなど管理可能な部分については結果を出しているが、収益環境は依然として厳しい」とし、「大問題は法人・投資銀行部門の収入で、好転しているかどうかはまだ不明だ」と指摘した。

Commerzbank AG Said to Hire Advisors For Deutsche Bank AG Merger

フランクフルトのドイツ銀支店

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  JPモルガンは8行の利益予想を平均で3%引き下げ。据え置きとしたのはUBSグループのみだった。

  JPモルガンがまとめたドイツ銀の1-3月トレーディング収入のコンセンサス予想は現在、18.6%減。同行は4月26日に決算を発表する。

原題:Deutsche Bank Last in JPMorgan’s First Quarter Pecking Order (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE