コンテンツにスキップする

医療情報サーナーの株価急伸、取締役の増員で物言う投資家と合意

  • 利益率目標の引き上げや自社株買い、配当の実施を表明
  • 新しい取締役4人のうち2人はスターボードが推す人物

ヘルスケア関連の情報技術サービス会社、米サーナーは9日、利益率目標を引き上げるとともに自社株買いを実施し、取締役会に新たなメンバー4人を追加すると発表した。アクティビスト(物言う投資家)のスターボード・バリューと合意に達したことに伴う措置。

  発表資料によると、サーナーは新たな12億ドル(約1300億円)の自社株購入プログラムのほか、配当開始を予定している。同社の株価は一時16%高と、取引時間中としては2012年10月以来の大幅上昇となった。

  同社は来年10-12月(第4四半期)の調整後営業利益率の目標を22.5%に引き上げると説明。幹部の担当の一部見直しや経費削減も目指すとした。新たに取締役会入りする4人のうち2人はスターボードが推す人物となる。

  サーナーは患者の治療履歴記録や保険会社への請求で医師や病院が利用する医療記録システムを販売する。昨年の売上高は53億7000万ドル。過去1年の株価パフォーマンスでS&Pヘルスケア株指数に大きく出遅れていた。

原題:Cerner Gains After Reaching Deal With Starboard Over Board Seats(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE