コンテンツにスキップする

最長1年の離脱延期か、英にEU提案へ-メイ首相は国内で窮地に

更新日時
  • 19年12月ないし20年3月が新たな離脱期限となる可能性が高い
  • 早期離脱条項付きの離脱延期案を首脳会議で英国に提示する方向
メイ首相

メイ首相

Photographer: Christophe Morin/Bloomberg
メイ首相
Photographer: Christophe Morin/Bloomberg

欧州連合(EU)が10日に開く首脳会議では、英国の離脱再延期の期間を最長1年とする案を軸に検討が行われることになりそうだ。長期の離脱延期となった場合、メイ英首相は国内で強い反発に直面する恐れがある。

  EUのトゥスク大統領(常任議長)は、メイ首相からの短期の離脱再延期の要請を拒否。首脳会議の招待状によれば、「短い延期と臨時首脳会議を繰り返し、崖っぷちの新たな期限が生じるリスク」を避けるため、EU離脱手続きを定めるリスボン条約50条の適用期間を1年を限度に必要なだけ延長する「柔軟な離脱延期案」を検討するようEU首脳らに求める。

EU Leaders Summit With Danger Of No-Deal Brexit Increasing

トゥスクEU大統領

写真家:Jasper Juinen / Bloomberg

  トゥスク大統領は最長1年の延期で意見の一致を望んでおり、2019年12月ないし20年3月が新たな離脱期限となる可能性が高いと加盟国の外交官らは受け止めている。首脳会議の総括案によると、国内の行き詰まりの打開策が見つかった場合、早期離脱を可能にする条項も英国側に提示する方向という。

  EU内では離脱の再延期を認める条件について詰めの協議が続いているが、フランスは英国が意思決定に参加する権限を制限すべきだと主張し、離脱する加盟国をEU予算のような決定に加えるべきでないと仏当局者の1人は述べたという。

  EU離脱を巡り予断を許さない採決が英議会で何度も行われ、先行きを見通せない状況が何カ月も続いたが、長期の離脱延期の見通しが高まったことは、崖っぷちの離脱を何としても回避したい産業界にとって朗報だ。一方、3月29日までの離脱を繰り返し約束してきたメイ首相にとっては、新たな政治的敗北を意味する。

  差し迫った「合意なき離脱」のリスクが回避され、長期の離脱延期が確定した場合、与党保守党内の離脱強硬派が強く反発し、メイ首相の追い落としを自制する理由はないと批判勢力が意を決することも考えられる。メイ氏のリーダーシップを巡り、与党議員らの忍耐はほぼ限界に達し、首相の後継争いも既に目に見える形で始まっている。

  メイ首相が要請した離脱の再延期を巡り、欧州連合(EU)と合意が成立しない場合、リスボン条約50条の適用を議会主導で無効にし、離脱を撤回する可能性について、ハモンド財務相が閣僚らとの会合で取り上げたと英紙テレグラフが報じた。

  同紙によれば、ゴーブ環境・食料・農村相やハント外相など閣僚らが同席した9日午前の会合で、メイ政権がもはや主導権を握ることはなく、議会と議長が今後の進め方を決めることになるだろうとリディントン国務相も警告したという。
  
原題:EU Set to Force U.K. Into Long Brexit Delay in Danger for May
EU Calls for Long Delay as Labour Talks Pause: Brexit Update
Tusk Asks EU Leaders to Consider Flexible Extension for U.K.
Hammond Signals MPs May Reverse Brexit to Save Pound: Telegraph(抜粋)

(テレグラフ紙の報道などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE