コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Jeff Kowalsky/Bloomberg
cojp

2月の米求人数は53.8万件減少、2015年以来の大幅マイナス

米国の2月の求人件数は過去3年余りで最大の減少となったものの、失業者数をなお上回っている。労働市場のタイトな状況が幾らか和らいでいる可能性が示唆された。

キーポイント
  • 2月の求人件数は前月比53万8000件減の約709万件
    • 前月は約763万件(速報値758万件)に上方修正
    • 離職率は9カ月連続で2.3%
U.S. job openings top jobless, though gap has narrowed

インサイト

  • 今回の大幅な減少は一時的要因を反映している可能性がある。2月の雇用統計が予想外に弱かった後、雇用者数は3月に持ち直し、雇用が堅調に伸びている状況に変わりはないことが示唆された
  • 失業率が歴史的は低水準にあり、賃金の伸びは今景気拡大期の最も高い水準に近いにもかかわらず、今回のデータは雇用主による人探しが容易になりつつある可能性を示唆
  • 求人件数は減少したものの、全失業者数を約85万2000人上回った。ただ、この差が100万人未満になったのは8カ月ぶり

原題:U.S. Job Openings Fell 538,000 in February, Most Since 2015 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE