コンテンツにスキップする

イタリア、財政赤字目標を引き上げ-EUとの新たな対立リスク高まる

  • GDP成長率予想0.1%、従来の1%から下方修正
  • ブルームバーグが経済・財政見通しに関する草稿文書を入手

イタリアは経済成長見通しを引き下げるとともに、財政赤字予想を引き上げた。同国のポピュリスト政権と欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会との間で新たな対立が起こるきっかけとなりそうだ。

  今年の国内総生産(GDP)伸び率は0.1%の見通しで、従来予想の1%から下方修正。ブルームバーグ・ニュースが入手した新たな経済・財政見通しに関する草稿文書で明らかになった。2019年の財政赤字予想はGDPの2.5%。また、計画されている政策措置の影響を含めた目標は2.4%。

  財政赤字拡大の予想を受け、欧州委員会との緊張が再び高まる可能性がある。数カ月にわたって対立が続いた後、イタリアは昨年末、財政赤字をGDPの2.04%とすると約束していた。 

Barely Growing

Italy's economy may effectively stagnate in 2019

Source: Istat, Bloomberg

原題:Italy Raises Deficit Target, Risking Fresh Conflict With The EU(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE