コンテンツにスキップする

中国の乗用車販売、3月も低迷-10カ月連続の前年割れ

  • 3月の販売台数は前年同月比12%減の178万台
  • 2019年は自動車消費を喚起する政策を導入すべきだ-乗連会

中国の乗用車販売は3月も減少し、10カ月連続の前年割れとなった。世界最大の自動車市場に持ち直しの兆しが見られない。

  全国乗用車市場情報連合会(乗連会)が9日発表した資料によれば、セダンとスポーツタイプ多目的車(SUV)、ミニバン、多目的自動車(MPV)を合わせた3月の販売台数は前年同月比12%減の178万台。2月は18.5%減、1月は4%減だった。

  景気減速と対米貿易摩擦が消費者心理の重しとなっている。

  乗連会の崔東樹秘書長は今年1-2月に縮小した国内消費者製品項目は自動車だけだったと説明。3月実績の発表前には「中国では自家用車が2億台にとどまっており、拡大余地は非常に大きい」と指摘した上で、「2019年は自動車消費を喚起する政策を導入すべきだ」とコメントしていた。

原題:China Car Slump Persists With Sales Plunging for 10th Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE