コンテンツにスキップする

クオンツ投資家が首をひねる、2019年の株価回復は謎

  • 用心深い投資家行動でデフェンシブ資産に資金流入、割高に
  • 「成長による強気相場ではなく、機械的な」上昇とアナリスト

米国株はしっかり利益が出る水準に近づいているかもしれないが、今年これまでの相場上昇という表面の下には不安の潮目がある。

  銘柄の特性を詳細に分析するクオンツやファンダメンタル投資家にとって、2019年の株価回復は謎だ。

  気まぐれなトレンドとマクロ的な不安という有害な組み合わせが、収益性や時価総額などに基づいたファクター投資の結果をどれも同じ方向に動かしている。同時に、今回の用心深い相場上昇は、低ボラティリティーや健全なファンダメンタルズを持つ安全な銘柄を後押しし、ディフェンシブ資産を割高にした。

  デュポン・キャピタル・マネジメントのグローバル株式担当マネジングディレクター、 ロード・デブラミンク氏は 「相場は循環的な理由で上がっているのではない」と分析。代替の投資先がないためだとして、「成長による強気相場ではなく、機械的な強気相場だ」と述べた。

Quality has become pricier versus the overall market

  同社は優良株への配分を減らしている。強力なバランスシートなどの特徴を持つ優良銘柄が割高になっているためだ。MSCI指数を2013年までさかのぼりベンチマークと比較すると、割高の度合いは過去最高に近い。

  このため、景気への懸念が高まり続けているにもかかわらず、ディフェンシブ銘柄には妙味がない。サンフォード・C・バーンスタインのクオンツチームは今週のリポートで、「ディフェンシブであるには買われ過ぎている」と指摘した。

Value is back near the lowest versus growth since 2000

Factor Rotation

More defensive factors started doing better last month

Source: moves based on market-neutral portfolios compiled by Bloomberg

原題:Quant Strategies Misfire as Stock Gains Stoke Cost of Safety (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE