コンテンツにスキップする

ドイツ銀とコメルツ銀の合併承認、トレーディング部門が焦点-関係者

  • 収益性改善に向けたプランが承認の判断を左右する可能性が高い
  • ECBの単一監督メカニズムの真価を問う最大の試練となる見込み

ドイツ銀行とコメルツ銀行が合併で合意した場合、欧州の銀行監督当局が承認の是非を判断するに当たり、問題の多いトレーディング部門が焦点になる見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、欧州中央銀行(ECB)と各国監督機関の当局者らは、統合後の銀行収入が、証券部門にどの程度依存するか明確に把握したいと考えている。投資銀行の資金を賄うために小口預金をさらに利用することだけが、合併の理由であってはならないと関係者の1人は述べた。

Commerzbank AG Said to Hire Advisors For Deutsche Bank AG Merger

ドイツ銀行とコメルツ銀行

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  ドイツ銀のクリスティアン・ ゼービング最高経営責任者(CEO)とコメルツ銀のマルティン・ツィールケCEOは、3週間にわたり両行の合併について協議を続けている。 関係者によれば、投資銀再編に向けたゼービングCEOの意思をコメルツ銀は見極めようとしており、合併協議の焦点の一つになっているという。ドイツ銀にとって、合併は預金ベースの拡大を通じて高止まりする資金調達コストの抑制に役立つと期待される。

  ECBの単一監督メカニズム(SSM)銀行監督委員会は、ユーロ圏の銀行監督権限を得て5年足らずだが、ドイツ銀とコメルツ銀の合併は、その真価を問う最大の試練となる見込みだ。関係者によると、合併後に誕生する銀行が将来的により大きな問題に直面し、ECBが非難される事態を避けるため、可能な限り厳しい対応を取ると予想される。

  関係者によれば、収益性改善に向けたプランが承認の判断を左右する可能性が高い。両行の経営計画の信頼性のほか、想定されるコスト削減と収入、資本バッファーに照らして評価が行われることになりそうだ。

  ドイツ銀とコメルツ銀およびECBの担当者はコメントを控えている。

原題:Deutsche Bank’s Trading Unit Is Said Key for ECB in Deal Talks

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE